読み込み中です
  • 信行寺の外観
  • 御本尊
  • 柄香炉

明徳二年(一三九一)創建
六三〇余年の歴史をもつ浄土真宗のお寺です

明徳2年(1391)創建
630余年の歴史をもつ浄土真宗のお寺です

友だち追加

浄土真宗本願寺派信行寺

友だち追加

信行寺は兵庫県西宮市にある浄土真宗 本願寺派の寺院です。

信行寺は明徳2年(1391)、浄専法師によって開基された浄土真宗 本願寺派(お西)の寺院です。
以来、630年以上にわたって地域の人々によって護られてきました。
どなた様も、どうぞお気軽にお参りください。

  • お知らせ

    お知らせ

    <一覧を見る>

  • 黒塗り

    8月3日

    お寺の掲示板

    今月のお寺の掲示板をアップいたしました。ぜひご覧ください。

  • 信行寺仏教入門講座 正信念仏偈「依修多羅顕真実」〜「為度群生彰一心」

    7月3日

    法話動画

    信行寺住職 四夷法顕 「信行寺仏教入門講座」
    動画をアップいたしました。どなた様でもご覧いただけます。

  • トライやる・ウィークののぼり

    6月21日

    トライやる・ウィーク

    先日、県内の公立中学2年生を対象とした地域での職業体験、「トライやる・ウィーク」で4名の受け入れをさせていただきました。

  • 教区新報

    6月21日

    教区新報

    教区新報 2022年6月 214号に掲載されました

  • <一覧を見る>

  • お寺の掲示板

  • 22年8月の掲示物

  • 住職的

    8月の標語解説

     今月は漫画『ONE PIECE』(16巻)の登場人物、Dr.ヒルルクが死の直前に語った言葉です。不器用な男・ヒルルクが、愛弟子チョッパーにとった命がけの行動は、いつ読んでも泣ける名シーンです。
     「人は2回亡くなる」と言われることがあります。1回目は肉体がなくなった時、2回目は人々の記憶からなくなった時です。そして「2回目の死」こそが、Dr.ルルクが言うように、本当にその人が亡くなったことを意味するのだと思います。言い換えると、たとえ肉体がなくなったとしても、記憶の中にいる間は、その方は生き続けているのだということです。
     たまに「人は死んだらおしまい」という言葉を聞くことがありますが、私(住職)はそうは思いません。それは遺された者は、亡き人の「まなざし」の中で生きるということがあるからです。たとえば亡き祖父母、亡き両親のことを考えて行動に移すことはないでしょうか。こういうことをしたら亡くなった母は悲しむだろうからやめておこうかな・・・など、亡き方はたとえ姿は見えなくとも、私の人生を支えてくださっていると感じることがあります。浄土真宗の僧侶・中西智海師(1934〜2012)は次のような言葉を遺しています。
    人は去ってもその人のほほえみは去らない
    人は去ってもその人のことばは去らない
    人は去ってもその人のぬくもりは去らない
    人は去っても拝む掌(て)の中に帰ってくる
    (『ひととき〜私をささえる言葉〜』)

     人は亡くなってもそれぞれの胸の中に生き続け、先立って往かれた方々が私の掌を合わしてくださっている年忌法要やお盆といったお仏事は、亡き方を思い返すことができる大切な時間であるといえます。
     最後に、お盆を迎えるこの時期に住職オススメの映画を紹介させていただきます。それは2017年に上映されたディズニー映画『リメンバー・ミー』です。この映画は死者と生者との関わりをテーマにしたもので、Dr.ヒルルクの「人はいつ死ぬと思う?それは人に忘れられた時さ」という言葉をまさに体現したような内容となっています。個人的には、毎年お盆の時期に金曜ロードショーで放映してほしいぐらいです。 合掌

  • <過去の掲示板>

住職あいさつ

第30世住職、しいほうけん

信行寺ホームページにようこそお参りくださいました。当寺ではお葬式やご法事、日々の月参りはもちろん、毎月の法話会もおこなっています。これまでお寺にご縁がなかった方でも歓迎です。些細なことでも構いませんので、何かお困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

第30世住職 四夷しい法顕ほうけん
1985年生まれ
信行寺住職
龍谷大学非常勤講師
相愛大学非常勤講師
浄土真宗本願寺派宗学院研究員
本願寺派布教使
文学博士

インスタグラム

フェイスブック

地図

  • 阪神西宮駅より徒歩11分

  • JR西宮駅より徒歩13分

  • 境内に7、8台駐車可能