読み込み中です
  • 信行寺の外観
  • 御本尊
  • 柄香炉

明徳二年(一三九一)創建
六三〇余年の歴史をもつ浄土真宗のお寺です

明徳2年(1391)創建
630余年の歴史をもつ浄土真宗のお寺です

ライン追加はこちらから信行寺公式LINE

facebook

信行寺は兵庫県西宮市にある浄土真宗 本願寺派の寺院です。

信行寺は明徳2年(1391)、浄専法師によって開基された浄土真宗 本願寺派(お西)の寺院です。
以来、630年以上にわたって地域の人々によって護られてきました。
どなた様も、どうぞお気軽にお参りください。

お知らせ

お知らせ

<一覧を見る>

  • 親鸞聖人の「和讃」を学ぶ会(総説篇

    6月24日

    法話動画

    信行寺住職 四夷法顕 「信行寺仏教入門講座」
    動画をアップいたしました。どなた様でもご覧いただけます。

  • 今月の掲示物

    6月3日

    お寺の掲示板

    今月のお寺の掲示板をアップいたしました。ぜひご覧ください。

  • 親鸞聖人の「和讃」を学ぶ会(総説篇

    5月23日

    法話動画

    信行寺住職 四夷法顕 「信行寺仏教入門講座」
    動画をアップいたしました。どなた様でもご覧いただけます。

  • 黒塗り

    4月15日

    仏教LIFE

    関連記事に住職が研究員をつとめている宗学院の講演集です。
    詳しくはこちら

  • <一覧を見る>

お寺の掲示板

  • 24年6月の掲示物

  • 住職的

    6月の標語解説

     「あの人はイイ人だ、逆にあの人はあんまり…」と言ってしまうことがあります。でも考えてみれば、ひとりの人間を「イイ人」か「イヤな人」と分けているのは私の都合ではないでしょうか?
     立川談志師匠が言っているように、私にとって都合が良ければ「イイ人」で、都合が悪ければ「イヤな人」になるわけです。このように、私たちは普段、物事をイイかイヤか、損か徳か、善か悪かに分けて判断しています。このような見方を仏教では「分別(ふんべつ)」と言います。
     しかし、本来あらゆるものには「イイ」か「イヤ」かを分けるべき実体など存在しません。物事のあり様をあるがままに見ていくまなざし、これがさとりを開かれた仏さまがご覧になっている世界で、「無分別(むふんべつ)」と言います。
     仏教においては煩悩という「分別がある」状態から、さとりの境地である「分別がない(無分別)」状態を目指します。ところが普段は「あの人は分別がある」と言えばホメ言葉ですが、「あの人は分別がない」と聞けばあまり良い印象を持ちませんので、逆の使い方をしているのが不思議なところです。
     「イイ」か「イヤ」かという見方は、いわば自分が作り出した虚構に過ぎないわけですが、しかしその虚構によって自らを縛り付け、苦しんでいきます。つまり、苦しみの原因とは他の誰のせいでもなく、この私自身であることを喝破したのがお釈迦様だったのです。
     「分別」の世界から離れることのできない身ではありますが、そんな自分であることに気づいていくことが「苦」と付き合う上で、とても大切なことなのです。  合掌

  • <過去の掲示板>

住職あいさつ

第30世住職、しいほうけん

信行寺ホームページにようこそお参りくださいました。当寺ではお葬式やご法事、日々の月参りはもちろん、毎月の法話会もおこなっています。これまでお寺にご縁がなかった方でも歓迎です。些細なことでも構いませんので、何かお困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

第30世住職 四夷しい法顕ほうけん
1985年生まれ
信行寺住職
龍谷大学非常勤講師
相愛大学非常勤講師
毎日文化センター講師
浄土真宗本願寺派宗学院研究員
本願寺派布教使
文学博士

地図

  • 阪神西宮駅より徒歩11分

  • JR西宮駅より徒歩13分

  • 境内に7、8台駐車可能